LOG IN

こうやって演奏したい!その気持ちを大事にするために。

by Genki Okamoto

どーもフルート吹きのおかもとげんきです。

最近、『自分の表現したい音楽ってなんだろう』と考えています。
なんでそう思ったのか、、、


『練習していて全然楽しくないんです!』

人が演奏しているのを聴いて、
『この曲吹けたらカッコイイな!』『キレイだな!』『吹いてみたい!』と思って挑戦しても、
吹いているうちに迷子のようにグルグルしてしまうのです。


ようは『自分の演奏に自信を持てないのです。』

このことを今行っているアレクサンダーテクニーク教師養成コースの授業で少しだけ相談しました。
相談して気づいたことを書きます。

自分はどんなときに楽しくないのか考えてみた。

たいてい練習が楽しくないときは部分に集中しているとき。
例えば、、、
*アンブシュア操作
*構え
*息の量のコントラール
*タンギングの発音の仕方 などなど

もちろんこれらのことを考えることもとても大切だと思います!
ですが自分は『部分に集中』してしまうんです。

結果何が起こるのか、、、

『アンブシュア操作ばかりに気をとられて、一番大事な音楽をどうしたいのかが抜けてしまうのです』
授業でアンブシュアに集中しているときの演奏とこうやって吹いてみたらどうかな?って演奏したときの録音が全然違う演奏でした。

何回か授業で似たようなことをやっているのにまた繰り返している自分に落ち込んだりもしましたが、
『この曲をこうやって吹きたい!!』が抜けているとつまらない演奏になってしまうんだと再認識できました。

こう吹かなきゃ!!→こう吹きたい!!へ

多分たくさんの人が経験していると思いますが、レッスンで『こうやって吹いたら?』とアドバイスをいただいたのにいつの間にか『こう吹かなきゃ!!』になっているみたいな、、、


『こう吹かなきゃ!!』のなかに『こう吹きたい!!』は入っていますか??
自分は入っていませんでした。今でも抜けてしまうことが多いです。

『こう吹かなきゃ!!』って思った本番のあとって、『すっごくうまくいった!』っていう達成感よりも、『うまくいかなかった、、、』が強く出てくる気がします。


『こう吹かなきゃ!!』よりもうまくいくかはわからないけど自分なりに『こう吹きたい!!』思って吹いたほうが自分自身に優しいし、失敗しても悔いは残らないと気がします。


以前書いた記事に自分のやりたいことができた!って思えたときのことがありますのでこちらも読んでいただけると嬉しいです。

自分の音楽に信頼と誇りを!

演奏の機会が少しづつ増えていく中で自分の演奏、音楽に自信が持てなくなっていきました。

なぜそうなっていったのか。

コンサートやコンクール、試験で演奏する時、
ぼくは『聴いている人は自分の演奏をどう思うんだろう』と気にしてしまうのです。
そっちにばかり気をとられて演奏中に自分の演奏に迷いが生まれ、急に自信がなくなっていくのです。

この時『自分のやりたい音楽と自分自身への信頼』がなくなったのです。ただ吹くだけになって、音楽もくそもないって感じになってしまいました。


先ほどの『こう吹かなきゃ!!』と『自分自信の気持ちの迷い』が自分にとって後悔の残る演奏をしてしまう要因になっていました。

じゃあどう考えたらいいんだろうか!(僕の場合)
*今まで本番までにした練習を信頼する。
*自分のやりたいと思った音楽を最後までやりきる決意をする!!(これが一番重要だとぼくは思います)
*聴いている人の評価は自分自身では操作できない
例えば。『私はあなたが好きです』と言っているように演奏してみる。
『私はあなたが嫌いです』と言っているように演奏してみる。
演奏者ははこのように演奏していても、聴いているお客さんはこのように感じるかはわからない。
*自分のやりたい音楽を自分自身が楽しむ!

最後に

この記事を書いていて、僕自身が音楽家としてやりたい音楽をやりきる決意が少なかったと改めて思いました。
これからもいろいろなことを経験して自分が音楽家として成長していけたらと思っています。


Genki Okamoto
OTHER SNAPS