LOG IN

【管楽器奏者必見!】これを知るとブレスがラクになる??

by Genki Okamoto

どーもフルート吹きのおかもとげんきです。
『おなかに息を入れるように吸ったら?』と言われたことありませんか?
ぼくは結構あります。

当時のぼくは下っ腹がでるように吸えってこと?って理解していました。
お腹で息を吸う=下っ腹をだす みたいな形を自分自身で作り上げてしまいました。。


お腹に息を入れるように吸うと、実際吸った感じがものすごくするけど、音にあんまり変化がないように思いました。
逆に苦しくなったように感じました。 苦しくなってるのに吹くのって大変だなと、、、

これはぼく個人の感じたことなので、他の方は違う体験や結果があったと思います。
今日は吸うことにについて書きます。

息が入るのはどこだろう

息が入るのは『肺』です。


これは事実です!

タイトルのお腹に息を入れるとは場所が違いますよね。
じゃあなんでお腹に息を入れるようにって言うようになっていったのか、、、

それは息を吸うときに起こるカラダの動きが関係しています。
では吸うときに起こるカラダの動きをクリアにしていきましょう。

息を吸うとき、カラダに何が起こっているのだろう

◇息が入ると『肺』は風船みたいにふくらむ
◇『肺』がふくらむのを助けるように『肋骨』も動く
◇『肺』がふくらみ『肋骨』がうごくと『横隔膜』が下にさがる。

ここで実験です!

息を吸うときに肺や肋骨が動くと思って吸うのと、お腹に息を入れるとは思って吸うのとどんな違いがあるかを調べてみましょう!
どっちのほうが楽でしたか?
おそらく肺と肋骨が動いてくれると思ったほうが吸いやすかったんじゃないかなぁと思います。

まとめ

◇息が入るのは肺
◇肺がふくらんで、肋骨も動く
◇横隔膜も下がる

このことを知っているでけでも息を吸うときに役立つと思います!


Genki Okamoto
OTHER SNAPS