LOG IN

『◯◯しなきゃ』から『◯◯したい』に変えるための3つのステップ!

by Genki Okamoto

どーもフルート吹きのおかもとげんきです。

『ここはこういう風に吹かなきゃ』と思って練習していると苦しくなりませんか??
・レッスンで先生にこう言われたから『こうしなきゃ!!』
・部活でそう言われたから『こうしなきゃ!!』

こういう経験ありませんか??

ぼくがそうでした!
ぼくの先生が言っていたのは『◯◯しなさい!!』というよりも『◯◯してみたら??』のニュアンスでした。

なのに自分の頭の中で『◯◯しなきゃ!』にいつの間にか変換していて、自分で自分を縛っていました。

そこで提案したいことが3つあります!
1 練習をやめて違うことをする
2 自分はどうやって演奏したいかを紙に書き出してみる
3 やりたい演奏をしている自分を想像してから吹いてみる

*練習をやめて違うことをする

『◯◯しなきゃ』の練習は自分の演奏を否定しやすくなっていきます

『◯◯しなきゃ』いけないのに『なんでできないんだろう』ってなります。
そんなのツライだけですよね。

そこで!一度練習をやめてみましょう!!


何か練習以外にやりたいことをやってみましょう!!

例えば、、、
・散歩にいく
・甘い物を食べる
・ドラマとか映画を見る
・ゲームする などなど

リフレッシュできましたか?? 練習しようってなったかな??

*自分はどんな演奏をしたいのか紙に書き出してみる

『自分はここをどうやって演奏したい??』と自分に質問してみよう!

Qここの強弱はどんなフォルテ、ピアノどっちで吹きたい??
Aひそひそ話しをするみたいなピアノで演奏したい!

Qこの旋律はどんな色??
A真夏の雲ひとつない青い空の色みたいな旋律


曲でもスケールでもこういう風に考えていくと自分のやりたい演奏がクリアになってきますね!!

*やりたい演奏をしている自分を想像してから吹いてみる

以前テレビで日本代表の体操選手の練習風景をみたときに同じことをやっていました。

自分がやりたい演技をしているイメージをしっかりと持ってから実際に演技をする。
簡単に言うと『イメージトレーニング』ですね。

さあ!自分がやりたい演奏をつよーーーくイメージしましょう!!
その演奏しているイメージを何回か繰り返しましょう!!

イメージのなかで自分はやりたい演奏ができていましたか??

できていたら実際に吹いてみましょう!!


どうでしたか?? 演奏しているときに『◯◯しなきゃ』は出てきましたか??


出てこなかったら大成功ですね!!

さいごに

練習するとき、舞台に立って演奏するとき、どんなときも自分に問いかけたいと思います。

『今日はどんな演奏がしたい?』って


すごく前を向いている気分になる気がします。

ぼくもずーーっと『◯◯しなきゃ』って思っていたので少し心が軽くなりました。
では!!


Genki Okamoto
OTHER SNAPS