LOG IN

『自分にはできない』それ本当??

by Genki Okamoto

どーもフルート吹きのおかもとげんきです。

生徒さんとのレッスンでのことです。

生徒に『こういう風にやってみたら?』って提案したら、『自分にはできないですよー』って言われたことがあります。

このときぼくは『なんでそんなこというの?』って素直に思いました。
やってみたらもっと上手くなるかもしれないのに、、、


少しさみしくなりました。

ふと思い出してみると自分も同じことを習っていた先生にしていたなと反省。

『自分にはできない』って言葉はぼくもよく使っていたし、周りでもよく耳にしていました。
なんで使ってしまうんでしょう、、、

『自分にはできない』は保険??

やってみて失敗したら『ほらね?できないっていったじゃん!!』って言うための保険だとぼくは思います。
それを繰り返していたら何が自分に残りますか???

『自分にはできない』というのが深く印象づいて残ります。

最初のうちはいいかもしれませんが、『自分にはできない』が山のように自分に溜まっていきます。

じゃあどーすればいいのさ!!

こう考えてみたらどうでしょうか??

『自分にはできない』の真逆を考えてみよう!

真逆はなにかすぐわかりますか?


『自分はできる!!』です。 簡単ですね。

ではみなさんに質問です。

『自分にはできる!』と思ってやってみたらどうなるか試してみたことありますか??

一度やってみませんか??

このフレーズを『自分は演奏できる!!』と思って演奏するのです!!

『自分はできる!!』と思うとなにが起こる??

やってみましたか??
演奏したあとにどんなことを思いましたか??

いつもよりうまくできた!
吹き終わったあとの気分がいい!
もっと挑戦しようと思えた!    などなど

こういう風に思えたら実験成功です!

まとめ

『自分にはできない』って思わないで『自分はできる!』と思って演奏してみる!

レッスンで言われた提案も深く考えすぎないでとりあえずやってみる!


Genki Okamoto
OTHER SNAPS