LOG IN

速いパッセージで苦労している人に知ってほしい!指を動かすときに考えて欲しいこと!!

by Genki Okamoto

どーもフルート吹きのおかもとげんきです。
先日、バジルさんの授業で指の動きについて学んだのでシェアしたいと思います。

速いパッセージで指がうまく動かなくて困っていたので相談しました。
特に高音域で速く動かすということが出来ずに頭を抱えていました。

バジルさんの提案 パート1
左の肘と手首を回内、回外を使ってみたらどうなるかな??
※回内、回外
(ドアノブを回すような動きのこと)

〜なんでその提案をしたか〜
左の肘と手首を固定していて見事に指だけでキィを押しているように見えたから。

自分の気づき パート1
指の動きには関心を払っていたけど、手首と肘はあまり考えていなかった。

〜回内、回外(ドアノブを回すような動き)を取り入れた結果〜
*左手首の圧迫感は解消された。
*まだ速いパッセージはもつれてしまう、、、
*右の指、左の指どっちにスピードを合わせたらいいんだろう、、、

バジルさんの提案 パート2
*奏でたいフレーズを奏でたいように奏でるためにキィを動かす

*『指を』動かすからキィを操作するって考えられる??

*左右の指のスピードを合わせる意味はないよね。

*スピードを合わせることが目的ではないから。

自分の気づき パート2
*指を動かすことが目的になっていた。
*このフレーズを吹くためにという音楽についての考えが抜けていた

バジルさんの分析
*指をこうすれば音がこうなる!!って言ってるように聞こえる。
*あのキィを押したらこの音がなるっていう風にしたい。

*フィンガリングは望んだ音を出すためにある。

バジルさんの提案 パート3
*指を動かす!からキィを動かす。
*指を動かすは間違ったプランかも。

*本当にキィを操作するをやってみたらどうなる??

自分の気づき パート3 
*指が動くようになった。

まとめ

*フィンガリングは出したい音を出すためにある
*指を動かすことが目的ではない
*演奏するためにキィを操作する
*左肘と手首の回外、回内が使えることがわかった

レッスンの翌日、一人でじっくり『演奏するためにキィを操作する』ことをやってみた結果!!


*今までよりもよりスムーズに動くようになった。
*今まで通りに演奏したら指の動きがガタガタしていたのと少しだけ指が強張っていて驚きました。
*キィを操作することで大事だと感じたのが音と音のつながり。 
*キィ操作することで自分のやりたい音楽が出来ると実感できた。


速いパッセージを演奏するとき指に着目しがちですが、実際は指よりも楽器を操作することが大事です。ではまた! おかもとげんき


Genki Okamoto
OTHER SNAPS