LOG IN

音楽をやっている人に見て欲しいフィギュアスケーター!

by Genki Okamoto

どーもフルート吹きのおかもとげんきです。
最近どんどん暑くなってきて夏が近づいてきたなと実感しています。

音楽をやっている人でフィギュアスケートが好きって人は結構いるんです。
大学生の時違う楽器の後輩とスケート談義をして盛り上がりました。


同じ表現する立場の人間としてみているだけでも勉強になるのです。

高橋大輔選手の演技は彼のためにこの曲がつくられたんですか?って思うぐらい音楽にマッチした演技をするんです。
どんな曲を滑っても違和感を全く感じないんです。すごいことですよね。
曲が彼の滑りに染まっているみたいで。

たまにアップテンポの曲を使用している選手がいるんですが、滑りにスピード感がなくて音楽と合っていないのをみたりすると残念だなーって思ってしまうのです。

今回は彼の演技をいくつか紹介したいと思います。

2012 世界選手権   
FS ブルース・フォー・クルック

このプログラムをシーズン初戦でみた時は??が浮かんでしまったんですが、見ればみるほどこの曲の独特な世界観と高橋選手の世界にどっぷりとはまっていきました。
味わい深いプログラムだと思います。

2010 全日本選手権 FS ブエノスアイレスの冬

ショートとフリー両方とも男の色気が全開のプログラムです。
音と振り付けの緩急が素晴らしくてもっと見たいと思わせる演技です!!

2012 全日本選手権 FS 道化師

今までのプログラムはジャズやラテン系のものの印象が強かったんですが、ガラッと雰囲気の違う曲を滑ったシーズンでした。
音楽の盛り上がりとともに滑りも盛り上がっていき演技に凄みが出ていて好きなプログラムです。
技と技のつなぎの部分に注目してほしいです。

2014 ソチオリンピック FS ビートルズ・メドレー

現役として出た最後の試合です。
彼の集大成の演技です。


とにかく音楽と振り付けが洗練されていて見逃すところなんかない!と言えるプログラムです

これまでのスケート人生が演技に詰まっていると思わせるようなプログラムで、見てると泣きそうになります。

さいごに

音楽っていいな!スケートっていいな!と思える演技ですよね。
自分もフルートで、自分の演奏でできるように頑張りたいです!!
ではまた。 おかもとげんき
フルートの生徒さん随時募集ちゅです 詳しくはこちらをごらんください


Genki Okamoto
OTHER SNAPS